住宅型有料老人ホーム茅ヶ崎 太陽の郷

住宅型有料老人ホーム茅ヶ崎 太陽の郷

挨拶・私たちの想い
代表挨拶

「太陽の郷」は、「高齢者にとって本当に暮らしやすい集合住宅」をめざして昭和54年に誕生しました。
ここには、湘南の温暖な気候や約9000坪の敷地を包み込む美しい庭園、富士山・箱根・丹沢連山を望む景観など、かけがえのない環境があります。

「太陽の郷」では、日常生活の「食」や「住」に関わる煩わしさを離れて暮らしを楽しんでいただけるように、そして心もからだも健康な日々を過ごしていただけるように、さまざまな施設やサービス、システムを整えています。美しい自然に包まれて、プライバシーが守られた良好な人間関係のなかで、一方的な介護ではなくご自分が望むサービスを選び、自分らしく自分のペースで暮らす。そんな真に暮らしやすい理想のコミュニティの実現を、「太陽の郷」は目指しています。

太陽の郷は、プライバシーがしっかりと守られ、ご自分のペースで、思いのままに暮らすことのできる場です。
必要なときだけ、スタッフが充分なサポートを行います。スタッフ全員が、ご入居者のいかなるご要望にも、笑顔と親身な姿勢でお応えできるようスタンバイしています。人生に本当に必要なものを知る方、豊かさの本質を知る方にこそ、この太陽の郷という住まいはふさわしいと考えています。

  • 全ては、心と体の健康のために。自然と、社会と、人と、そして、自分と調和する快適な生活の実現をめざしています。
    どんなに環境が素晴らしくても、それを壊してしまっては何にもなりません。
    また、そこでの生活が快適でなかったり、人間関係がうまくいかなければ、そこに住みたいとは誰も思いません。さらに身体が不自由になったときに、充分なサポートがなければ、せっかくの美しい環境を楽しむこともできません。
    そこで、私たち太陽の郷では、

    自然との調和
        自然を守り、自然と共存(エコロジー、自然エネルギーの利用)
    人との調和
        スタッフによる親身なサービス、心豊かなコミュニケーション
    社会との調和
        太陽の郷独自の介護サービスと社会保険のサービスの融合による、
        より高度な介護・介助の実現、地域社会との調和
    自分との調和
        プライバシーの重視、個人の楽しみのサポート

    の4つの“調和”を掲げ、「心」と「体」の健康を目指しています。

自然との調和
人工的な環境づくりではなく、自然の恵みを活かしたエコロジー発想の人と自然とが共存した環境づくり。
太陽の郷には人にやさしい自然があります。
  • 太陽の郷の建物は、当敷地が持っている自然と歴史的価値を十分に考慮に入れ、この自然を大切に守り、育てていくという考え方のもと昭和54年に建てられました。“エコロジー”という言葉はまだ存在しなかった頃でしたが、まさに、“エコロジー”発想の建物です。

    太陽の郷の建物は、当敷地が持っている自然と歴史的価値を十分に考慮に入れ、この自然を大切に守り、育てていくという考え方のもと昭和54年に建てられました。
    “エコロジー”という言葉はまだ存在しなかった頃でしたが、まさに、“エコロジー”発想の建物です。

  • “エコロジー” 発想の環境づくりの結果

    “エコロジー” 発想の環境づくりの結果、敷地内の自然は守られ、育くまれ、豊かな自然環境を生み出しています。

  • 災害時には、緊急避難場所ともなる多目的ホール「博修館」

    災害時には、緊急避難場所ともなる多目的ホール「博修館」にも、“エコロジー”の考え方が活かされています。

  • 屋内プール(20m × 4 コース)

    屋内プール(20m × 4 コース)としての快適な室内環境と水質環境を少ないエネルギーで維持するために、複合型のソーラーシステムを設置し太陽エネルギーの有効利用を追求しています。

人との調和
やさしさに満ちた笑顔と心のこもった言葉。太陽の郷のスタッフとのふれあいが“ 安心感 ” と “ 居心地の良さ ”を生み出します。
  • 太陽の郷のスタッフには、20年以上の歴史

    太陽の郷のスタッフには、20年以上の歴史の中で培われた気配りと、やさしさ、親身な姿勢があります。入居者のお一人おひとりを気遣うスタッフの心が太陽の郷での生活の大きな“ 安心感 ”につながっています。

  • 太陽の郷のさまざまなサービスは、笑顔で行われます。安心して暮らすことができます。

    太陽の郷のさまざまなサービスは、笑顔で行われます。
    安心して暮らすことができます。

  • ロビーでのコミュニケーション

    ロビーでのコミュニケーションもスタッフの大切な仕事です。
    親身な姿勢で話を聞いてくれるスタッフがいるからこそ、太陽の郷では、安心して暮らすことができます。

社会との調和
太陽の郷では、自分が望む生活の実現のために、介護保険を有効に活用することができます。
また、イベントなどを通じて地域社会との交流のお手伝いをしています。
  • 太陽の郷には、介護保険について

    太陽の郷には、グループ会社に介護事業所があり、介護保険について気軽に相談できる相談員がいます。そのため、皆さまのご要望に沿ったケアプランが実現できます。

  • 太陽の郷には、管理費に含まれるさまざまな独自の介護サービス

    太陽の郷には、管理費に含まれるさまざまな独自の介護サービスがあります。不足なところは介護保険で補いますから、より充実した介護が受けられます。
    「お待たせしました。今日は特売日でした!」

  • 「お食事をお持ちしました!」

    「お食事をお持ちしました!」

  • 「今日はお天気がよくて、気持ちのいい風が入ってきますね!」

    「今日はお天気がよくて、気持ちのいい風が入ってきますね!」

  • 太陽の郷のイベントには、多くの地域の人々が参加されるため、地域との交流に役立っています。

    太陽の郷のイベントには、多くの地域の人々が参加されるため、地域との交流に役立っています。

  • 送迎バス。駅、市役所、病院、図書館などを回ります。

    送迎バス。駅、市役所、病院、図書館などを回ります。

自分との調和
自分の人生を大切に、自分らしく暮らしていただきたい。だから太陽の郷ではプライバシーを重視します。
  • 太陽の郷では、楽しく人と交流することも、自分だけの時間を大切にすることも、どちらも重視しています。

    太陽の郷では、楽しく人と交流することも、自分だけの時間を大切にすることも、どちらも重視しています。

  • 趣味を楽しむことも、健康のために運動することも、思いどおりにできます。

    趣味を楽しむことも、健康のために運動することも、思いどおりにできます。

  • 個室での生活は、しっかりとプライバシーが守られながら、スタッフがいつも見守っています。居心地のよさと安心が両立しています。

    個室での生活は、しっかりとプライバシーが守られながら、スタッフがいつも見守っています。居心地のよさと安心が両立しています。

太陽の郷の歴史(南湖院の歴史)
  • 昔の南湖院外観写真

    茅ヶ崎海岸に面した広大な砂丘に、明治32年結核療養所「南湖院」が髙田畊安により創設され、独自の療養哲学による「闘病生活のための環境整備」が行われていました。 太陽の郷は、この南湖院の跡地の一部にあります。
    南湖院は、毎年盛大なクリスマス(医王祭)を行い、各界の方々をお招きしました。会堂(医王堂)での催しもの(講演会・日曜学校児によるクリスマス劇)や野外園遊会を開催するのを恒例としていました。
    ⇒南湖院の歩み(外部サイト ウィキペディア)